糖質制限ダイエットはやらない方が良い理由とは



太る一番の原因は、糖質を摂り過ぎることだけではありません。
そもそも糖質はエネルギーとして必ず必要ですから、摂らないという選択肢はオススメできません。


糖質制限ダイエット.jpg


一時期、炭水化物抜きダイエット(糖質制限ダイエット)が流行りましたが、実行した人の多くが

・やたらと疲れる事が多くなった
・一日中ボーッとする事が多くなった
・集中力がなくなって凡ミスが多くなった
・あっという間にリバウンドした


という”副作用”を訴えていたように、炭水化物は体内で糖に変わり、脳の唯一のエネルギーになるために絶対に摂らなければならない栄養素なのです。


問題は、糖質の摂り方です。


インスリン分泌を意識的にコントロールする




みなさんは、体内の血糖値を一定に保つ働きをする「インスリン」というホルモン物質の事はご存知でしょう。

インスリンは血中の糖を、肝臓や筋肉などに運んでエネルギーとして燃やすサポート役をするので、そのおかげで体内の血糖値は一定に保たれているわけです。


血糖値 上場.jpg


がしかし、あまり知られていないようですが、
インスリンは血糖値を下げる過程において、余った血中の糖を”脂肪”としてエネルギーの備蓄にしようとする働きもします。

つまり、

インスリンが急激に分泌されると、糖が脂肪に変化する量も劇的に増える

ということです。


逆に言えば、インスリンを急激に分泌せないようにすれば、糖は必要な分が効率よくエネルギーとして燃焼し、脂肪に変化する糖は少なくなる、ということです。


血糖値を、最も急激に上げやすいのは「ブドウ糖」ですから、ブドウ糖がゆっくりと血液中に溶けこむような食事方法をすれば、インスリンもゆるやかに分泌され、余計な脂肪を蓄えなくて済むわけです。



血糖値の急上昇は食物繊維で抑えられる




例えば空腹時に、アンパンやお菓子など、ブドウ糖が吸収されやすい食品を一気に食べると、血糖値が急激に上昇します。

血糖値の急激な上昇を抑えるために、インスリンが急激に、そして大量に一気に分泌されます。


ところが、あなたはアンパンやお菓子をたくさん食べ、血中に”動くためのエネルギーであるはずの糖”をたくさん摂取したにも関わらず、そのあと特に運動する事もなく、横になってゴロゴロしていたら?


大量に血中にあふれた糖は、燃焼させる事ができずに行き場を失います。
この状況にインスリンは、仕方なくそれら大量の糖を皮下脂肪として蓄え、次の空腹時に使うためのエネルギーストックとするのです。



このように、パンやパスタなどの炭水化物を、空腹時に一気にたくさん食べる毎日の習慣が、太る体質を作っているのです。



でも、なぜか”ご飯”の糖はそこまで心配いらないのです
それは、ご飯には食物繊維が含まれているから。


実は、食物繊維は血糖値の急激な上昇を抑える働きをするのです。
ご飯は数値上のカロリーに比べて太りにくいと言われるのは、糖と一緒に血糖値上昇を抑える食物繊維を食べているから、なんです。


食物繊維 血糖値 上昇.jpg

食物繊維は、血糖値をゆるやかに上昇させる最強の食物です。


つまり、太らない体をつくる体質改善をするには、最初に食物繊維を食べる習慣をつけることが、一番手っ取り早く方法です。


野菜を10分以上時間をかけて食べ、そこからおもむろに炭水化物を食べれば、血糖値の急激な上昇を避けることができて、インスリンの分泌もゆるやかになり、余分な脂肪をつけなくて済むのです。


太らない体質改善のための、最も良い食事の順番は、

食物繊維 ⇒ 肉などのたんぱく質 ⇒ 炭水化物


サラダなどの野菜が用意されていなかった時も、最初に主食である炭水化物にがっつくのではなく、汁物から食べ始めたり、たんぱく質から食べたりして、できる限り血糖値は急激な上昇をさせないこと、が大切です。


太らない食べ方ってどんな順番?




例として、とんかつ定食を食べるとしましょう。

太らない食べ方.jpg


まず、千切りキャベツを一気に食べてしまいます。
ゆっくり、よく噛んでなるべく時間をかけて。

次に味噌汁などがあれば、そちらを飲みます。

そして、メインのとんかつに手を出します。

最後に、ご飯を食べる。




エネルギーにも脂肪にもなる「糖」である炭水化物を、なるべく最後に食べ始める事を意識し、それを習慣化することで、太らない体を作る体質改善が可能になるはずです。


そして、糖は食物繊維と一緒に食べれば脂肪になりにくい という事も覚えておいてください。